働き方、収入、ライフスタイル… すべて自分で決められる自由があります。

OL時代の月収はわずか138,000円。与えられた仕事を期日までに仕上げる単純作業に見合った額ではありましたが、やりがいもなく休みも取れず、不満ばかりでした。女性でも多くの収入を得て、自由に働きたい! そんな願いを叶えてくれたのがチーフという仕事です。オープン直前には“本当に自分にできるの?”と不安になったこともありましたが、先輩チーフに「いくらでも教えてあげるわよ!」と言っていただき吹っ切れました。

 チーフになると、かつての年収が月収レベルになりました。どんなサロンにするか、どんな働き方をするか、ライフスタイル、収入…、すべては自分で決められるので、そこには楽しみしかありません。おかげで経済的にも時間にもゆとりを持ち、ストレスフリーに年齢を重ねることができています。今は女性が当たり前に働く時代。

チーフという職業を選択することで、その後の人生を「素敵な生き方」に変えられると思います。

31歳で開業 前職/経理事務

ダイアナ aoyama 東京都

チーフプロポーションカウンセラー 鈴木 順子さん(51歳)

関連記事